駆けろぐ

バイクのカスタマイズブランド「K's-STYLE」の制作サイドの話題など

PC仕事の人は特に注意!突然やってくる「後頭神経痛」がくそやばい&治し方

 

f:id:ksstylebike:20160127192653j:plain

悪夢のはじまり

1/17(日)早朝、目覚めると喉の奥あたりにちょっとした違和感。

風邪っぽい時の、あのイガイガする感じで「あーなんか喉の調子おかしいなー」と思いつつ、症状は軽かったのでいつものようにロードバイクで公園にお出かけ。(日曜の朝食は公園で自分の好きな焼きたてのパンを食うという謎習慣)

普段は風邪を引く時は寒気からくるタイプなので、このぐらいへっちゃらさ!とタカをくくっていた部分もあるんですね。

しかし、カレーパンをほおばりながら少しすると今度は耳の奥がチクッ…またしばらくするとチクッ…あれ?何これ、、周期的にチクチクした痛みが。。時間が経つに連れてその痛みが増してくるのです。

「今日は日曜だし、月曜日の朝に耳鼻科に行くか…」

普段の日曜はまったりとした幸福感があるのにこの日はさすがにテンションあがらず。

痛みをガマンして眠りにつく。

 

喉が炎症起こして痛みが放散してますね

次の日の月曜の朝、お昼前から渋谷で打ち合わせの予定だったので、早起きしてさっそく耳鼻科に。耳鼻科なんて生まれてから1回も行ったことないのにぃぃぃ!

問診でまず急性中耳炎を疑われ耳の穴をほっそいスコープでほじくられるが異常なし。

同様に鼻の穴の中もほじくられるが、ここも異常なし。んんん?

すると、やはり喉か。喉なのか!

消毒液をつけた棒状のもので喉の奥に突っ込まれてガリ!っとやられて、これがすげえ痛いの。

お医者様曰く「あーやっぱり喉の炎症ですねー、ここから痛みが放散してるんですねー、抗生物質出しておきますねー」との事。

へえー喉が炎症起こすと、こんな耳の奥まで痛くなるものなんだなぁ。。

 

打ち合わせを終えて夕方から仕事場に行き、その日の残務処理を終えて帰宅。

言われた通りに頂いた薬を服用するも、痛みは夜になっても収まらず。

まあ薬飲み始めたばかりだし、こんなものかな…と。

痛みをガマンして、眠りにつく。

 

最大級にヤバイやつがくる

痛みはおさまるどころかだんだんと強烈になっていき、いつのまにか喉はなんともなくなって、耳の奥ではなくて、右側の頭皮全体と、特に耳の後ろにビリビリとした電気的な激しい痛みが。

これがまた風がピューっと吹くだけで剣山で頭殴られたみたいなビリッした激痛。

痛風って、なったことないけどこんな感じなんだろか。

とにかく髪の毛を触るだけでも、ぐああああっ!てな具合で、もうこうなると仕事にならんのです。

低く呻きながら仕事中に自分で調べていると、症状で該当するやつが…

「後頭神経痛」!?

うっわ!絶対こいつや!なにそれ!こわ!

 

このままじゃ痛くてまともに風呂も入れないし、ヘルメットも被れないし、いよいよやばいということで水曜の朝に脳神経外科にGO!いや実際、GO!なんてテンションじゃなかったんだけども。

 

その脳神経外科で診て頂いたら、やはり後頭神経痛の疑いがあるとの事。

「あーそれ末梢神経やられてますねー」って、サラっと言われ、とりあえず脳ミソがやられてるワケではないらしく、ひと安心。

後頭神経痛は、姿勢が悪かったり、ストレス、疲労、気候の変化、肩こりなど要因は色々だそうです。特にデスクワークしている人に多いんだとか。

 

※頭の周辺の痛みは重篤な病気の前兆だったりする場合もあるので、心配な時は精密検査を受けましょう。

 

 

こうやって治した

後頭神経痛の治療は、とにかくストレスを取り除いて休養を充分に取ること。

今回、病院で貰った薬はビタミンB12の錠剤だけです。

ガマンできないほど痛い場合は、鎮静剤や神経ブロック注射という選択もあるそうです。ワタクシは注射はイヤや!ということで、ビタミンB12を飲んで、肩と腰を貼るホッカイロ的なものでとにかく温め、寝る前にはマッサージ。

しばらく頭皮のビリビリとした痛みは続いてましたが、3日ぐらい経過したところでだんだんと緩和してきて、今(1/27)は、もうなんともないですね。

 

どうやら今回の場合は、喉の炎症と後頭神経痛をダブルで併発したっぽい。

ちょうど一週間ぐらいこの激痛に苦しみました。

長い人だと数週間とか続く場合もあるんだとか…おうふ。怖い。怖いっす。

 

どうか再発しませんように( - m - )ナム

 

皆さんも気をつけて!

 

 

しばらくブログ書けませんでしたが、治ったのでまたがんばりまーす

 

くぼ